● 夜中にトイレに起きるのは「冷え」が原因です

こんにちは!蓄膿症(副鼻腔炎)の悩み改善の鍼灸院の橋本由紀子です。

寒くなると、トイレが近くなりますよね。

「夜中にトイレに起きるので、ゆっくり眠れない」

という声もお聞きします。

t02200256_0344040013210796265

その、夜中にトイレに起きるのは「冷え」が原因で起こっています。

皮膚がカサカサ、髪がパサパサになっているのも、しっかり睡眠がとれていないことから起こります。

そんな方に、今夜から実践してほしいことがあります。

1、腹巻をして寝る

2、レッグウォーマーをつけて寝る

 
この二つです。

持っていないければ、すぐに買ってください。

でも今夜から実践したいー!という方は、

「腹巻」は、タオルケットやマフラーを「お腹」に巻く。

「レッグウォーマー」は、靴下の先(足の指部分}をハサミで切って、袋状にして足首にはめてください。

この2つで驚くほど、夜中にトイレに起きなくなりますよ!

夜の冷えが改善すると、朝の鼻づまりも減ってきます。

それでも鼻づまりがひどい方は鍼灸治療がオススメです。