重度な花粉症や副鼻腔炎で

・鼻づまりで息苦しい
・鼻水で朝起きたときからティッシュが手放せない
・食べ物の匂いがわからない

 
というお悩みを抱えていませんか。

 
7269f790856e0e1a0fe59d12ebf7c9e3_s
 

辛い鼻水・鼻づまり、来年も繰り返したくないですよね。

そこで、根本から体質改善して改善するうえで大事なことをお伝えしようと思います。

わたし自身の体で研究を重ね、鼻づまりにお悩みの患者さんを毎日鍼灸治療しているなかで確信をもったことです。

副鼻腔炎、花粉症を二度と繰り返さないために重要なことは3つあります。
 

1.風邪の初期手当の徹底
2.悪化要因を解消する食養生
3.腸内環境の改善

 
一つずつ説明していきますね。

風邪の初期手当

風邪は名前のごとく、風邪(ふうじゃ)が体内に入りこむことです。

首の後ろや肩がゾクゾクとしたり、コリ感を感じたときの手当が、大事になります。

ただ、なんでも温めればいいワケではないです。

のぼせているときに、加温は逆効果になることもあるので、大事なことは「首の後ろ」を「保温」することです。
 
o0400042113554839374

 
のどが痛いとき、首にコリを感じたとき、寒気がするとき、首にタオル、マフラーを巻いて寝てください。
 

type-4-3-5

 
これだけで風邪が悪化せず、治っちゃうことがあります。

悪化させてるのは食事

鼻水、鼻づまり、ジュクジュクした皮膚のかゆみ、これら全部、体内で処理しきれなかった老廃物が原因でおこっています。

栄養も老廃物も、日々の飲食で作られています。
 

3e2fc63090c933399121a06a36a631d1_s

 
「体の消化能力以上に食べたとき」に、老廃物は溢れ出ます。

言い換えれば、体が重だるいとき、鼻づまりが起こったときに、食事を見直すことで、それらの不調を改善することができます。

揚げもの、甘いもの、辛いもの、パン、ラーメン、スパゲティなどの小麦製品は、鼻づまりを悪化させやすいです。

まずは、悪化させる食べものを断つこと。

そして、排出効果の高い、ほうれん草などの葉物野菜、白菜、キャベツをしっかり食べることです。

食事で体を作り、リセットすることができます。

食養生で、追いつかないときには、漢方薬を使います。
 

腸内環境の改善

腸内環境とは、腸内の菌のバランスのことです。
 
  398211
 
悪玉菌より善玉菌の方が優勢だと良い状態です。

抗生剤の多用、食事、生活習慣により、悪玉菌の方が優勢になると腸内環境が悪化します。
 
190195

 

抗生剤の多用、食事、生活習慣の悪化
      ↓
腸内環境が悪化する
      ↓
老廃物の排泄がうまくいかなくなる(便秘)
      ↓
老廃物が体内に滞り、出口として鼻、皮膚へ行く
      ↓
鼻水、鼻づまり、皮膚炎を起こす

 
これらの悪循環を止めるには、腸内環境を整えていくことが大事です。

あなたはこの3つ、いかがでしたか。

3ヶ月、半年、1年単位で体は変わっていくので、ぜ3つを意識して実践してください。

一人では難しい、やってみたけど改善しないときには、鍼灸治療の後押しも取り入れて体を変えていきましょう。