副鼻腔炎・蓄膿症・花粉症・眼瞼下垂症・声帯炎でお困りの方のための鍼灸院です。
  • HOME »
  • 子どもの顔が真っ赤になって、のぼせているときの対処法

子どもの顔が真っ赤になって、のぼせているときの対処法

● 子どもの顔が真っ赤になって、のぼせているときの対処法

こんにちは、副鼻腔炎でお悩身の方の為の鍼灸院の橋本由紀子です。

昨日は猛暑でしたね。

熱中症は大丈夫でしたか?

暑さにやられそう・・・と感じたときに

・水分補給

・冷やす

ことが大事です。

でも、水分補給しても、子どもの顔が真っ赤になってて心配になることってありますよね。

 
20120625102616
 
うちの子も、顔に熱がこもると、鼻血がすぐ出ます。

ちなみに鼻血は、こもった熱を出して、冷ます自然治癒です。

なので、子どもの顔見て赤くなってるときにやってあげることがあります。

それは「指もみ」です。

o0480036013688706725 

指揉みをして、指先から熱を出してあげます。

鍼灸治療では、指先から血を出して熱を引く刺絡(しらく)という方法があります。

実際に、刺絡を行わなくても、指先に刺激を加えるだけで、指先から熱が抜けやすくなります。

まんべんなく全部の指をやってあげてください。

なかでも親指がとくに大事ですよ。^^

 

施術メニュー
副鼻腔炎が回復する10の無料メールセミナー
橋本鍼灸院のホームページ
施術を受けられた患者様の声
現在のご予約状況
アクセス
お問合せ・ご予約フォーム

【電話】0120-4976-87
【最寄駅】銀座線・南北線「溜池山王」駅徒歩2分
【営業時間】10:30~16:30 完全予約制

赤坂、赤坂見附、溜池山王、虎ノ門、霞ヶ関、青山、六本木、銀座、渋谷、大手町、新宿、恵比寿、港区、千代田区、目黒区、世田谷区、中野区、そのほか東京・千葉・埼玉、神奈川などからご来院いただいています。

副鼻腔炎、鼻づまり、鼻炎、後鼻漏、喉の痛み、好酸球性副鼻腔炎、妊娠性鼻炎、花粉症、いびき、耳が痛い、口呼吸、中耳炎、匂いがわからない、喘息、鼻水、眼瞼下垂、声が出ない、頭痛、などご相談ください。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.