副鼻腔炎・蓄膿症・花粉症・眼瞼下垂症・声帯炎でお困りの方のための鍼灸院です。
  • HOME »
  • 3、副鼻腔炎4つのタイプ【その3】鼻水をかんでも出てこない「鼻づまり」タイプ

3、副鼻腔炎4つのタイプ【その3】鼻水をかんでも出てこない「鼻づまり」タイプ

「鼻づまり」を感じているのに、「鼻をかんでも鼻水が出てこない」ということはありませんか。

それ、鼻水は溜まっているのですが、たまっている場所が鼻の中ではないので、鼻をかんでも鼻水が出てこないのです。

では、鼻水は、どこに溜まっているのか。

正解は、鼻の奥にある「副鼻腔」です。

一般的に鼻水が貯まる「鼻の中」とは、「鼻腔」です。

ですが、鼻をかんでも出てこない「鼻づまり」は「副鼻腔」に溜まっています。

この、鼻をかんでも出てこない「鼻づまり」タイプの副鼻腔炎には、

1、鼻うがいをする
2、湯船にしっかり入る
3、寝るときに首にタオルを巻いて寝る

という、3つの対処法があります。

順番にご説明しますね。

1、鼻うがいをする

鼻うがいはお風呂に入るときと同じ、40~42℃の生理食塩水のお湯で行います。

1日に2~4回片方ずつ鼻うがいをおこなっていきます。

鼻の中をお湯で洗い流すことで、お風呂上りのように、副鼻腔に溜まった鼻水が出やすくなります。

ネットで4000円~7000円程度で、専用の鼻洗浄器が販売されています。

専用の鼻洗浄器には、洗浄剤が付属で付いていて、温度管理もわかりやすい設計になっています。

2、湯船にしっかり入る

副鼻腔炎になると、湯船に入らずに、シャワーだけで済ます人も多いでしょう。

湯船にしっかり入って、鼻まわりの血行の巡りを良くすることで、鼻水を排出しやすくなります。

高熱があったり、体力を消耗していなければ、ゆっくり湯船に浸かって、血行の巡りを良くしましょう。

3、寝るときに首にタオルを巻いて寝る

首の後ろには、体を温めたり、鼻水を排出しやすくするツボがあります。

ですので、首の後ろを冷やしたり、風にあたっていると、体が冷えやすくなります。

タオルやマフラーで、首まわりを保温することで、体が温まり、副鼻腔から鼻水が排出しやすくなります。

この3つをやってみても副鼻腔炎が解消しない場合は橋本にご相談くださいね。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.