体の見方に自信をつけたい施術者のための院内勉強会

こんにちは!蓄膿症(副鼻腔炎)でお悩みの方の為の鍼灸師の橋本由紀子です。

今日は施術の仕事をしてる方、仕事としてやっていきたいと思っている方に向けて書いています。

患者さんの体を施術するときには、まず患者さんの現状を確認しますよね。
 

 
患者さんの現状を知るためには、

1.ながめて見えるもの
2.皮膚や筋肉に触れて感じること
3.足などを動かしたときに見えてくる左右差
4.患者さんのお話から
5.舌や脈、お腹の状態から

など様々な方法から自分の得意な見方で見ていきます。

このなかで人によって2〜5個を組み合わせて「こんな状態だから、こういう順でこんな施術するといいかな」と判断していると思います。

今回はこのうちの

1.ながめて見えるもの
2.皮膚や筋肉に触れて感じること
3.足などを動かしたときに見えてくる左右差

の力を上げていきませんかというお話です^^

 

 
わたし自身のことをお話すると、マッサージ歴は18年あり、これまで新人の0→1の指導や1→2への指導をやってきて、そこそこ良い指導をやってきたつもりでした。

ところが2年前に宮崎先生の「基礎整体講座」に参加して「この方法を教えてあげたかった!」と思ったことから、今も宮崎先生のところに学びに行っています。

施術力は、「みる力×技の精度×経験」なので、各々を上げていくことで、より患者さんを良くしてあげられますよね。

手技療法の基本技は、宮崎先生の基礎整体講座の入門講座が4月から始まるのでそちらで学んでください。

体の使い方、手の使い方を理解してからの手技なので、院内勉強会では教えてあげられません。どんなことをやるのかは見学やモデルで体験していただけます。

「みる力」は、手技療法はやらない鍼灸師でも骨、骨膜、筋膜、体液など見えるものが増えることで、違和感の理由が明確化してくる、とわたし自身は感じています。

 


 

当日は宮崎先生はいません。なので指導はありません。

基礎整体を学んで2年の私と

IT会社員の彼。昼間は会社員で夜と休日に施術をしてるとかではなくて、まだ業界に入っていません。
講座と奥さんへの練習だけで技術観察力を上げているという面白い立ち位置の人です。彼を見て、この手技と理論はスゴイはすごいなーとより思いました。

のほかに
現役登山ガイドで歩行と施術を組み合わせてる先輩もいるので、解説は彼がしてくれると思います(きっと。笑)

この勉強会は初の試みで、今回やってみて今後も開催していくかを検討していく段階なので温かい目で参加してくださいね。

基礎整体講座 勉強会

日時:3/7(木)18:30〜20:30(18:15〜受付)
 
途中参加OKです。その場合はあらかじめ参加予定時刻をお知らせください。

参加費:1000円(当日)

場所:橋本鍼灸院(溜池山王駅徒歩2分)

参加資格:基礎整体講座をこれまでに受講したことのない方

参加ご希望の方はこちらの申し込みフォームから「3/7の勉強会参加希望」でお名前・電話番号・年齢・施術年数を添えてお申し込みください

もしくはメール  info@hashimotoshinkyu.com
までお願いします。