季節が秋になってのどの乾燥や咳が出始めていませんか?

こんにちは、蓄膿症(副鼻腔炎)のお悩み専門の鍼灸師 橋本由紀子です。

すっかり秋の気候になって、朝晩は風が涼しく、日によっては肌寒く感じますね。

気候が秋になったということは体も、夏の暑さや冷房の冷気ではなく、乾燥にやられやすくなっているということ!

東洋医学の言葉では、暑邪(しょじゃ)→燥邪(そうじゃ)の影響を受ける状態になっています。

・のどの乾燥や痛みを感じる
・咳が出やすい
・お肌が乾燥してきた

など、思い当たることはありませんか??

1ヶ月前にはなかったけれどそういえば、、、というあなたに、対策は3つあります!

1、水をしっかり飲む

2、れんこん、梨、ユリ根、を食べる

3、うがいをする

です。

一つずつ解説していきますね^^
 

1、水をしっかり飲む

夏に比べて汗をかかなくなった分、水を飲まなくなっていますよね。

水を飲まないと体の水分量が減ってきます。

お肌や粘膜の水分量を増やしましょう。

飲むのは水もしくは麦茶です。
 

2、れんこん、梨、ユリ根、を食べる

食材にも、体を温めるもの、冷ますもの、など特性があります。

さらに細かくみると、五臓(肝・心・脾・肺・腎)のどこに作用する食材なのかも分かれてきます。

咳が出やすくなった方は、れんこん、梨、ユリ根を意識して摂ってみましょう。
 
3、うがいをする

空気が乾燥したことで、ウィルスや菌が蔓延しやすくなっています。

のどに付着した菌類を洗い流すためにうがいをしましょう。

その際、うがい薬を用いると刺激が強く粘膜を痛める可能性があるので、水で十分です。

 
いつも言っていることですが、首にタオルを巻いて首を冷やさないのも、のどの乾燥、痛みにいいですよ!

これらをやってみても良くならないときは早めに専門家を頼ってくださいね。わたしのところにも咳き込みやのどの痛みで来院される方が急増しています。