仁友クリニックの杉原徳彦先生からご紹介をいただきました 

こんにちは!蓄膿症(副鼻腔炎)でお悩みの方の為の鍼灸師の橋本由紀子です。

先日、驚くような事が起こりました!!

80代の患者さんが「後鼻漏」「副鼻腔炎」の症状でお悩みで手術の予約を入れていました。

ですが患者さんは、

「手術はしたくない。でも症状が辛い」

という状態で当院へご来院されました。

その後、鍼灸を行うたびに、のどに流れる黄色いドロドロしたものが透明になってラクになっていました。

5回目の鍼灸を終えて病院でCTを撮ったところ、

「画像でも通じているし、これならラクだよねー!」

とお医者さんに言われたそうです。

患者さんも嬉しくなって

「鍼灸受けて良くなったんです!」とアピールしてくださったのです。

患者さんは、橋本鍼灸院のチラシをもってお渡しくださったんです。

そうしたら後日先生から患者さんをご紹介くださったのです!!

すぐにでもお目にかかりたくて、ご挨拶に伺ってきました。

全国から患者さんが殺到している仁友クリニックの杉原徳彦先生と知り、さらに驚きでした!!

仁友クリニック

患者さんにために何ができるかと、患者さんのことだけを親身に熱心に考えていらっしゃる、すごい先生です。

呼吸器科の医師で鼻症状との関連に関心をもたれて、本も出されています。

『つらいせきが続いたら鼻の炎症を治しなさい―――呼吸器の名医が教えるせきを最短で治す確かな方法』

とてもわかりやすく書かれているので、咳、後鼻漏でお困りの方はぜひご覧になってください!